団体概要

一般社団法人SDGsデジタル社会推進機構について

一般社団法人SDGsデジタル社会推進機構(Organization of SDGs Digital Society、略称:ODS)は、情報通信産業に関わる事業者、自治体、有識者の皆様と協働し、DX(デジタル・トランスフォーメーション)の推進とデジタル技術の社会実装により新しい未来を描き、持続可能な社会の発展を目指します。

活動趣旨

デジタル社会推進に向けた取り組みに関心を持つ産学官民の交流の場として、関係者が協働して問題解決に取り組む場として、またデジタル社会推進に関する技術の普及・啓発活動と社会実装を行う主体として機能することを通じて地域の発展を促し、これにより、わが国経済社会の発展と国民生活の向上に寄与していきます。

【目的】

  • デジタル社会推進に関する最新の政策・技術動向を調査・研究、会員内外に提供する
  • デジタル社会推進に関するレイヤーを越えた関係者の交流促進と産業振興を促す
  • 情報通信をより多くの産業、地域で活用できるようにする
  • 次の世代を担う新たなイノベーションと人材を育てるようにする
  • 活動を通じて得られた知見や意見を政策に提言できるようにする

沿 革

2003年にブロードバンドの普及啓発を目的としてブロードバンド推進協議会(略称:BBA)が発足し、ブロードバンド環境整備のための通信政策、制度課題の解決、利活用の促進、イノベーション推進など、通信を取り巻く環境の変化にあわせて様々な活動を行い、これまで十分にその役割を果たしてまいりました。広くあまねく通信インフラが整備され、ICTの活用が日常のものとなった現代において、さらなるDX(デジタル・トランスフォーメーション)の推進とデジタル技術の社会実装の実現を進めていくべく、2021年よりSDGsデジタル社会推進機構(略称:ODS)と改称し、持続可能な社会の発展を目指した新たな活動方針のもと、産官学民協働によるデジタル社会推進への取組みによって地域社会に貢献していくことを目的とした団体として生まれ変わりました。

  • 2003年7月3日 ブロードバンド推進協議会発足 代表理事に 孫 正義 が就任
  • 2005年6月10日 有限責任中間法人ブロードバンド推進協議会として法人化
  • 2009年6月25日 公益法人法改正により一般社団法人ブロードバンド推進協議会へ移行
  • 2015年6月24日 代表理事に 宮内 謙 が就任、孫 正義 は名誉会長へ
  • 2021年6月15日 一般社団法人SDGsデジタル社会推進機構へ改称、代表理事に 青野 史寛 が就任